薄毛対策は若禿げでは何をすべきかについて検討してみました・
私は、40代になってから髪の毛が薄くなっていきました。
私はどのようにはげていたのかというと、若禿げだったのです。
私は若禿げになってから、仕事の同僚からバカにされるようになったので、悔しい思いをするようになりました。
それから、私には娘がいるのですが、娘にも若禿げを笑われるようになりました。

 

やはりはげに対する風当たりというものは強くて私はどうにかしてはげの対策をしていかなくてはならないと思うようになりました。
私は、まず自分の食生活を改善していこうと思いました。
私は脂っこいものが大好きであり、毎日のようにかつ丼やてんぷらを食べていたので、そのような脂っこいものを食べないようにしていこうと思いました。
やはり脂っこいものを食べていると頭皮が皮脂が溜まってしまってから、髪の毛の育成を阻害するのです。
だから、私は脂っこいものを食べないようにしてから、毎日野菜中心の生活に切り替えていきました。
次に、私は帽子をかぶらないようにすることが大事だと思ったので、できるだけ帽子をかぶらないようにすることにしました。
私は仕事をしているときに帽子をかぶっていたのですが、帽子をかぶらないようにしてから頭が蒸れないようにしたのです。
やはり頭が蒸れてしまうことで、脱毛につながるからです。
私はこれらの薄毛対策をしていきました。
そうすることで、私は髪の毛が減らなくなったので、若禿げが以前よりも強調されなくなってきました。
これからもこの薄毛対策を続けていきたいです。